カフェ レ グルマンディーズ です。

 

2019年もお世話になりました。
通ってくださってる常連様今年はじめましてだったお客様、ありがとうございました。

今日はお店のお掃除をオーナーとアルバイトのけいさんとしました。

ありがたいことに、よくお店の雰囲気を褒められますが、それは本当に私から影響されるのは8%も満たないかな?で、オーナー家族の歴史やセンス。えんがわ、えんがわinnと私の前の店長達のセンス。
家具達。
音楽。
お庭の木達。土たち。
元々この土地に存在するパワー。
いらっしゃるお客様たち。
と沢山の要素がお店を作り、私とは違う生き物として存在しているのだとよく思います。
これからも仲良くやっていきたいなぁ。

オサラ デ アソボ

Pop up shop !

カフェが素敵なフランスアンティーク食器に囲まれます!
カフェは通常通り、営業していてお店の一角で素敵なアンティークお皿やアクセサリーの販売をします。
お菓子もイベントに合わせて用意する予定です。
みなさん、ぜひぜひいらしてください♡
Osara des àsobô
オサラ デ アソボ
日時: 11/1.2日金・土
11:00〜17:00

場所: カフェ レ・グルマンディーズ

都内で初のpop up shop をさせて頂きます。
最近は沢山の種類のプレートを見たいという方が多く、マーケットでは持ち切れないのでこちらに見に来て頂けたら嬉しいです!

湘南では何年も前から個展は行なってますが都内では始めてでドキドキですが、
どうぞよろしくお願い致します。

『小さな写真展』 photo by Emi 〜2018.12.15

皆さま、はじめまして。Emiと申します。
この度、CAFE Les gourmandisesの営業時間内に、写真展を開かせて頂く事になりました。

『小さな写真展』 photo by Emi
2018.11.14〜2018.12.15

カフェでDMハガキをご覧になって下さった方もいらっしゃると思います。

わたしにとっては、初めての作品展で、搬入・設置の手際が悪く、space engawa innさんに、ほぼやって頂いた感じです…(>_<)
おかげで、わたしの作品でも、ちょっとちゃんとした感じになりました(笑)

店内の棚や、トイレ前のスペースなどにも写真を展示しています。宝探しゲームのように探して下さい。

自然光主体のカフェ店内で、時間の経過と共に、
作品がどんな風に見えるのか、ちょっと楽しみでもあります。

美味しいお料理やお菓子とともに、写真をお楽しみ頂けたら嬉しいです^_^

店内の棚に、芳名帳がございます。
次回作品展のご案内を差し上げても良いと思われた方は、お名前とご連絡先をご記帳下さい。

皆さまのお越しをお待ちしております。

IMG_2461

Eat music /食べる音楽 の様子。

カフェ担当グルマンディーズ です。
先日のコンサート?
Eat music /食べる音楽 の様子。
いらして頂いた皆さまありがとうございました。
なんだか、かなりシュールな会でした。
美味しかったです!と帰るお客様に、良い演奏ありがとうございましたと返す主催者のやりとりがまた小気味よかったです。

12/8(土)クリスマスぶな市のお知らせ

写真は前回の秋のぶな市の様子です。
アップがすっかり遅くなりすいません。雨が降るか降らないかという状況で規模を縮小しての開催でしたが、思いもかけず多くの方に足を運んでいただきました。
有り難うございました。

クリスマスもぶな市を開催いたします。
お買いものだけでなく作り手や販売者との会話も楽しんでいただくような、座ってながめているだけでのんびりリラックスできるような、そんな市です。
時間は11:00~16:00。

出店者さんも同時募集いたします。
45×70㎝のテーブル1~2個と丸椅子をご用意します。テーブル持参も大歓迎です。
テイクアウトの飲食物販売は保健所の許可のある物のみといたします。
雨天時は中止いたします(前々日に開催の有無を決定)

出店手数料:①テーブル持参の方300円
②テーブル貸出の方800円
申し込み、お問合わせは下記までメールでお願いいたします↓
engawa.inn@gmail.com

みなさまのご来店、ご参加、お待ちしています☆

「ひとつき十冊」の風景 次回は10/27(土)夕方開催

ひとつき十冊です。
昨日は、第46回目、えんがわinnでは2回目の開催。
パネリストはイラストレータートリバタケハルノブさん、人形作家Mekkedoriさん、司会は古本屋ドジブックス。

藤田嗣治の話から、銅像とアンドロイドからバイオ・アートへのつながり、話題の新潮45まで。話がとまらない。
休憩では、ドジブックス佐藤さんの誕生日をパンダのケーキでお祝いしました。(誕生日は小川洋子の「博士の愛した数式」に出てくるメモリアルな日)

次回は、10月27日土曜日19時から
参加費500円 予約不要です。
お問合せは
chidokusho11★gmail.com
★を@に変えてご連絡ください。

「ひとつき十冊」の風景

「ひとつき十冊」です。
きのう8/25(土)は、Spaceえんがわinnで初めての開催でした。今までにない広いテーブルに、嬉しそうに自分の読んだ本を並べるパネリストと司会者。

 

それぞれの十冊の中から抜粋すると、中山さんの本では松谷みよこ『自伝じょうちゃん』と『ユリイカ』臨時増刊号*特集・高畑勲の世界、のつながり。ドジブックス佐藤さんは『オール讀物』2018/9月号*ビートたけし「キャバレー」掲載と綾小路きみまろ『有効期限の過ぎた亭主・賞味期限の切れた女房』、のつながり。Mekkedoriさんの『美術屋・百兵衛』2018年夏号、『美術手帳』2018/8月号*特集ポストパフォーマンスなどの、知らない世界(あくまで私的に)。

そして、秋田とターヘルアナトミア(解体新書)がつながりました。

バラバラに読んでいた本が、予想しなかったカタチでつながるおもしろさがあります。

次回の第45回「ひとつき十冊」は
9月22日(土)19時~21時半 参加費500円
予約不要で参加できます。
お問合せは
chidokusho11★gmail.com
★を@に変えてご連絡ください。

 

時おり蝉の声の聞こえるなか、、、文章教室の風景

「心遊ばせる文章教室心遊目想」です。
ゆうべ、時おり蝉の声の聞こえるなかSpaceえんがわinnで初めての文章教室を開催しました。

集まった文章は5つ。
「語ること詩人アリオンとの夏」「3月の空襲・南六郷にて(仮題)」「人魚姫その3(仮題)」「蝉を食らう」「愚痴を言うことの研究」
洗練されたり、編集した文章を読んだり聞いたりすることはあっても、その人のままの文章を聞けることはそうありません。感想を言いあうことでの気づきもあります。

次回文章教室は
9月26日(水)19時~21時
参加費:1500円 講師:川崎少百合(脚本家)
*発表の後、先生が持ち帰り最低限の添削をして返してくれます。

お申し込み、お問い合わせははメールにて
chidokusho11★gmail.com
★を@にかえてお申し込みください。

39927873_1577143089057685_8855394627801317376_n