クリスマスぶな市出店者紹介☆うつわ工房ごま

うつわ工房ごまです。
クリスマスぶな市には、リングホルダー やブローチ、キャンドルホルダーなど、この季節が楽しくなりそうな物をお持ちします。
久しぶりの出店ですが、皆さまとお話し出来るのを楽しみにしております。
〈クリスマスぶな市は12月14日(土)11~16時開催〉

<2020年1月のワークショップのお知らせ>ガレット・デ・ロワ

軽やかな食感のパイ生地に美しい模様のガレット・デ・ロワ、憧れのお菓子だからこそ、しっかり習いたい!ということで、今回は特別講師を招待してのワークショップです。

折り込み生地は、皆様一人一人実習で作れますので、織り込む時のバターの硬さ、綿棒の扱い方など実際に触ってみないとわからないこと、など実習だからこそ、丁寧にお教えします。(生地のスベスベで気持ちがいいのも体感!)皆さまの折り込み生地は自宅にお持ち帰りしていただきます。

特別講師プロフィール
豊長雄二
1992~97 フランス、ベルギーで3つ星レストラン等10軒で研鑽を積む。フランス、パティスリー世界チャンピオン:ミカエル・アズーズでは日本人初のシェフに任命される。帰国後は柿の木坂キャトル、表参道マリアンヌ等でシェフを務める。
2010年からはル・コルドンブルー・ジャパン日本校で、日本人初の菓子講座責任者として同校カリキュラム、ティーチングマニュアル制作の指揮を執る。
著書:フランス滞在記(文芸社)寄稿:新入社員に贈る言葉(日本経団連出版)

開催日時:
1月19日(日)  10:30 ~ 13:00/ 14:30 ~ 17:00
1月20日(月) 10:30 ~ 13:00 /14:30 ~ 17:00

開催場所:
spaceえんがわinn
参加費: 5500円 (折り込み生地持ち帰り、chefのケーキ試食+cafe les ggourmandisesのランチプレート付き)
持ち物:エプロン.ハンカチ.筆記具
連絡先:yukie.ohno@lesgourmandises.info

 

 

クリスマスぶな市

クリスマスぶな市のお知らせ。
12月14日(土)11~16時にクリスマスぶな市を開催いたします。

なんでもない日常が楽しくなる雑貨や噐。
忙しい生活の中に『ほっとした時間』を作りたくなるハーブティーと焼き菓子。
他にはないクリスマスのプレゼントやフレッシュな花材のリースなど。
消しゴムはんこは年末年始のカードのアクセントにも◎

◆出店者◆
・ Les gourmandises (焼き菓子)
・うつわ工房ごま(ふだん使いの手作り器類)
・彩り屋(アンティークビーズや布を使ったアクセサリー)
・ちはやふる(古着物をほどいて作った小物やハギレ、本)
・Rain or Shine(フレッシュな花材のリース)
・Kumint Herb & Relax(オリジナルブレンドハーブティー)
・秋山農園(新鮮な無農薬お野菜やハウス野菜など/委託販売)
・消しゴムはんこ家 ゆる判(手描きイラストの手彫りはんこ)

近隣のこと。

お店の左奥の壁にあった「白日荘」につてのポスターをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。
自由が丘から徒歩10分ほど。お店からは20~25分ほど。
「白日荘」と名のついたその場所は動物学者の故・平岩米吉博士の邸宅でした。
前を通る度に戦前から変わらない景色がここにはあるのかな、と想像したりしていました。
残念ながら取り壊しとなるそうなのですが、明日11/30(土)13~15時に急遽一般公開がなされるそうです。
明日は天気も良さそうです。
お散歩がてらカフェの行きや帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょう?
注意事項など詳細はこちらをご覧くださいhttps://www.facebook.com/hiraiwatei/

どなたさまにも良い週末になりますように。

ひとつき十冊 次回は12/20(金)19時~(予約不要)

ひとつき十冊です。

今日11月23日土曜日は、第59回ひとつき十冊。19時スタート21時半終了予定です。参加費は500円、予約なしで参加可能。パネリストの読んだ今月の10冊の感想をただただ聞いていくという持久力のつくイベントになっております。

さて、前回58回はざあざあ降りの雨、「雨なのでいけません」という悲しいお知らせが届く中で開催しました。ライター中山涙はクエンティン・タランティーノを熱く語り、去年の年間ベスト10に入った「IQ」の続編「IQ2」を読み、人形作家Mekkedoriは、小川洋子への偏愛を抱えてアートを語りました。司会のドジブックス佐藤は吾妻ひでお、和田誠を追悼しつつ、いつも芸人関連本を読んでいます。

今宵、予定通りであればパネリストは58回同様、ライター中山涙、人形作家Mekkedori、司会古本屋ドジブックス佐藤でお送りします。引き続きの雨の中、万が一来れなくても欠席連絡は不要です。
(文中敬称略)

78156497_2255106661261321_2641481457716953088_o

やってきた! 2019 シュトレン

カフェ レ・グルマンディーズ です。
今年もシュトレンの季節がやってきました。
数に限りがある為、ご予約販売のみの予定です。

やってきた!
2019 シュトレン

ご予約販売のお知らせ
自家製天然酵母で作る栗とスパイス、赤ワイン煮の無花果と胡桃がたっぷりと入った贅沢な仕上がりです。

茨城県産の立派な栗を丁寧にスパイスラムに漬けました。
材料に限りがございますので、予約販売のみの予定です。

ご予約方法
店頭、メールアドレス、DMにて。

①11/27〜12/25までの受け取りご希望日
②店頭、配送
③個数
④お名前 連絡先

をお知らせください。

オサラ デ アソボ

Pop up shop !

カフェが素敵なフランスアンティーク食器に囲まれます!
カフェは通常通り、営業していてお店の一角で素敵なアンティークお皿やアクセサリーの販売をします。
お菓子もイベントに合わせて用意する予定です。
みなさん、ぜひぜひいらしてください♡
Osara des àsobô
オサラ デ アソボ
日時: 11/1.2日金・土
11:00〜17:00

場所: カフェ レ・グルマンディーズ

都内で初のpop up shop をさせて頂きます。
最近は沢山の種類のプレートを見たいという方が多く、マーケットでは持ち切れないのでこちらに見に来て頂けたら嬉しいです!

湘南では何年も前から個展は行なってますが都内では始めてでドキドキですが、
どうぞよろしくお願い致します。

トークイベント 「愛着のあるもの、対話」

11月3日(日)イベントご案内☆「愛着のあるもの、対話」

日曜日の昼下がり。Spaceえんがわinnにて対話会が催されます。

 

宮田尚幸がデンマークで出会った福祉のあり方。その思想を元に参加者と対話をしていきます。
愛着について話しながら、身体と道具と街の関係について新たな福祉的気づきを皆で得られれば、、、と思います。

11月3日(日) 14:00〜17:00
会費|1000円(セルフドリンク付)
定員|15名(先着順)

参加方法|
①Facebookイベントページで席の予約。(人数含)https://www.facebook.com/events/557381685078876/
②info@nao-kogei.net へメールでご予約
(件名は、イベントのタイトル。本文は、名前、参加人数、連絡先をご記入ください。)
③Spaceえんがわinnの店頭

登壇者:
宮田尚幸(尚工藝)
大西史基(理学療法士)

モデレーター:
荻野章太(東急株式会社)

年齢、役職、障がい、性別…等々の壁はない。何の間違いもない前提の対話イベントです。
どなたさまも気軽にご参加くださいませ。

企画|宮田尚幸(尚工藝)
企画協力|林キノコ(Spaceえんがわinn運営責任者)