読書会ふしぎら次回は12/4(日)15~18時です。

読書会ふしぎらです。
今夜の読書会は、堀江敏行『戸惑う窓』から「韻を踏んだ四行詩」ヤニス・リッツォスの詩をとりあげた散文は、難解です。
落語の枕のように、窓について語られたあと、リッツォスの詩に入るのですが、はじめは全体の意味を全くつかめませんでした。
中盤以降の司会者古味さんのさすが解説のおかげでなるほど、パズルのピースがどんどんはまっていくように全体を読み通すことができました。
モンドリアン風の碁盤目のような構成の意味も、決して整然と揃っているわけではないという意味がとれると、なるほどという感じです。
「四つの窓は韻を踏んだ四行詩」詩の1節を手がかりに、音、匂い、風、雨などで韻を踏んでいくリッツォスの詩が引用されています。
今は亡きギリシャの詩人に興味がわいてきたのでした。

次回読書会ふしぎらは昼間の開催です。
12/4(日)15~18時
司会 :古味祥吾
参加費 :500円
お申し込み、お問い合わせはchidokusho11@gmail.com

手ぶらで参加できます。

DSC_0713

文章教室をやっています

心遊ばせる文章教室心遊目想です。

本日新装開店、日曜日の朝9時半からの開催になりました。
気持ちのよいお天気のなか、5つの文章が集まりました。
「秋の夜長に」「専務」「猫の話、お手紙つき(仮題)」「旅へのいざない」「キャッツランドルクライア(ミュージカル台本)」

「朝になったから来れるようになったわ」と久しぶりの方がいらしたり、いつもは明るく感じる室内が外が明るいとなんだか暗く感じたり、場所が同じでも時間で見える景色が違うなあ、と思います。

朝の光がまぶしい文章教室は、来月からも続きます。
次回は
12/4(日)9時半から
講師:川崎少百合(脚本家)
参加費:1500円
申込み、問合せ
chidokusho11@gmail.com
朝の景色を堪能していたら、写真を取り忘れました。
以前の写真を明るくして掲載、次回は忘れずに素晴らしい朝の写真をお届けしたいと思います。

文章教室心遊目想

心遊ばせる文章教室心遊目想です。
9/28水曜日文章教室を開催しました。
集まった文章は6つ。
「ついに見つけた!私の夢!」「風に吹かれて」「白雪姫」「手づくりミュージカルへの夢」「猫ねこネコ物語」「パフパフのきのことピーマンの背中」

新しい方お一人、お久しぶりの方お一人のメンバーで雑談多めの夜。
少しずつでも自分の表現したいことを言葉にできるようになってきたことを感じられた会となりました。

次回からは、舞台を朝に移しての開催となります。
日程の関係で10月はお休み。11月からは基本的に第1日曜日の9時半からになります。
※行事などで変更の場合は、お知らせします。

次回の開催11/6(日)9:30~11:30
会費:1500円
講師:川崎少百合
お申込、問合せはchidokusho11☆☆を@gmail.comに変えてご連絡ください。

朗読会の風景。次回は12月25日(日)です。

9月4日【朗読と本のサロン】 終了しました。
9月の残暑の中、たくさんのお客様がご来場くださいました。ありがとうございました。

次回は12月25日(日)13時30分より
予約・問い合わせ090-4075-4407(齊藤)
先着20名様を予定しています。お早めに予約をお願いいたします。

ナマの朗読を体感してみてください。

5つの文章

心遊ばせる文章教室心遊目想です。

今日は、久しぶりの方と、初めての方と、合わせて5つの文章が集まりました。

「『今日を運ぶ』を読んで」「ゴーヤと私」「僕はノア」「やま」「こどもに教えてもらうこと」文章教室の名前の由来、屈託なく心遊ばせて、目想(瞑想)して、感じて文章を書く。

そのようなことなど再確認できた夜でした。自分の奥底に流れるものを自分の言葉で表現できるようになりたい、という野望も抱いたりして。

以前文章に登場した猫のスドマくん(エサは他所で食べて泊まりに来るだけの猫で素泊まりから命名)が、家猫になったというニュースもあり。

次回の文章教室は7/27(水)19~21くらいまで会費:1500円講師:川崎少百合(脚本家)参加者の方はご自分の書いた文章をお持ちください(400字詰原稿用紙5枚以内程度のもの)お問い合わせは下記のメールにて

chidokusho11☆gmail.com☆を@に変えてご連絡ください担当/上神

読書会ふしぎらです

今夜の読書会は、向田邦子『思い出トランプ』のなかから「酸っぱい家族」。

向田邦子は読書会ふしぎら初。寺内貫太郎一家しかしらないので、どんな感じなんだろうと思っていたら、すっきりしない、もやもやする読後感です。しかし主人公の感じた酸っぱい臭い、ちょっとしたエピソードなど、どこにでもある簡単な言葉で再現するうまさ、こう書けばよいというストライクゾーンをついてくる力。作家の力量を感じつつ、いやな気持という感動を味わった雨の夜でした。

次回の読書会は7/9(土)19~22会費:500円当日、司会者の選んだ掌編小説を、一緒に読み感想を言い合うスタイルをとっています。

手ぶらで参加できます。申し込みはchidokusho11☆gmail.com☆を@に変えてご連絡ください。

心に残る朗読を

6月5日 朗読と本のサロン おかげさまで盛況でした。

沢山のお客様、ありがとうございました。
PEA_TEA_PUUさんのハーブティーでスッキリ。お土産は「水引のストラップ」、長野の水引小物制作者林さんの作品でした。

次回も心に残る朗読と、ハーブティーとお土産を用意してお待ちしています。
9月4日 13時30分より。予約をお願いします。

09040754407(齊藤)

朗読と本のサロン 開催しました!

3月6日 柔らかい春の日射しを受けながら朗読させて頂きました。

前半は季節絡みの作品や朗読ゲストさんのしっとりと落ち着いた作品を、後半は芥川龍之介作「ピアノ」に始まって–この作品は関東大震災後の横浜の一場面を描いたもの–、東日本大震災の日を思った作品、そして、旧友でピアノ教室を運営なさっている方のピアノをバックにいせひでこ作「1000の風 1000のチェロ」を朗読させて頂きました。

生ピアノは素晴らしく、朗読している私もうっとり!

お陰で写真撮影をお願いし忘れてしまいました💦

掲載の写真はお客様がたまたま撮っていてくださったものです。スミマセン😆

沢山のお客様、ご参加ありがとうございました。

次回 6月5日(日)13時30分よりご予約は090-4075-4407齊藤まで

12月5日朗読と本のサロンレポート 

今回初めての午前午後の2部制でしたが、午前の部も沢山の方がいらしてくださり、大盛況のうちに終わることができました。皆様どうもありがとうございました。

朗読テーマが「動物と暮らす」、スペシャルゲストとしてアニマルドール作家の芦塚葉子さんと作品の動物さん達がえんがわを彩ってくださりました。
宮沢賢治や芥川龍之介、浅田次郎などの作品の他、朗読教室の生徒さん方の絵本や児童文学も聴いて頂きました。

次回は、3月6日(日)13:30から。
心にそっと響く温かい作品の数々を朗読します。
お気軽にご参加ください。お早めの予約をお待ちしております。
予約先 090-4075−4407齊藤まで。

「読書会ふしぎら」です。

お久しぶりです、「読書会ふしぎら」です。

秋もようのえんがわinnにて、11月13日土曜日読書会を開催しました。

今回の掌編小説は「ベスト・ストーリーズⅠぴょんぴょんウサギ球」より、シャーリー・ジャクスン著谷崎由依訳『世界が闇に包まれたとき』「ぬるぬるしたものを掴もうとしている気持ち悪さ」との感想を皮切りに、ひっかかりのない会話、互いに一致しない感じ、平和のなかで闇に包まれている感じなど、全体的につかみどころのない感触からのスタートになりました。
主人公のハンドバックの扱い、登場人物の描き方など、読み応えのある小説でした。
最後にミセス・ガーデンが外に出ていくシーンは、希望にみちているのか、吹っ切れたのか、それとも明るい中の闇なのか、まだ私も決めかねているところです。

次回の読書会ふしぎらは、12月18日(土)19時~22時
参加費:500円
当日一緒に掌編小説を読み感想を言い合うスタイル、手ぶらで参加できます。
申込、お問合せchidokusho11☆gmail.com☆を@に変えてご連絡ください。