第47回朗読と本のサロン(9月5日)は中止いたします

いつも「朗読と本のサロン」にご参加頂き、有難うございます。
この度は、爆発的な新型コロナ感染拡大の状況を鑑み、
9月5日開催予定の第47回朗読と本のサロンを中止させていただくことにいたしました。
今回予定しておりましたプログラムは、感染拡大状況と照らし合わせて
開催可能と判断できましたら後日設定しようと思っております。

また、今回のプログラムが実施できないままでも、
12月5日には第48回朗読と本のサロンを予定しております。
この会では、「動物と暮らす」というテーマで
ワンちゃん、ネコちゃんとの暮らし
かつては生活のために動物を殺めてきた人たちの暮らし など
動物好きな方には必見ならぬ必聴(?)の朗読作品を多数とりあげます。
そしてスペシャルゲストにアニマルドール作家芦塚葉子さんと
その素晴らしい作品の動物さんたちにも来ていただくことになっています。
こちらも合わせてご期待ください。

「アニマルドール作家芦塚葉子さんの作品例」

このコロナ禍が早く収まりますことを願いつつ・・・皆様ご自愛ください。

朗読と本のサロン 主催 齊藤雅美
問い合わせ・申し込み連絡先 090-4075-4407

6月6日 第46回朗読と本のサロン

第46回朗読と本のサロン
6月6日(日)13:30より
(満員御礼近し!ご予約はお早めに!)
器 朗読風景
参加費 ¥500−(ミニお土産付き)
主な朗読作品
太宰治「雀」  島木健作「赤蛙」など
コロナ感染防止対策しっかり行います。
予約先: 090-4075-4407
齊藤雅美
※写真は過去の風景です。

朗読と本のサロンの風景

朗読と本のサロン    齊藤雅美
第45回風景
3月21日、第45回朗読と本のサロンは悪天候の中にも拘わらず沢山の方にご来場いただきありがとうございました。
後日お客様の中から、
「忘れかけた文学の世界が蘇ったようです」「今でも感動の余韻にひたって居ります」
と言った嬉しいご感想を頂きました。
日本語の美しさが伝わるような朗読を心掛けております。
迷っていらっしゃる方、お気楽に予約の電話してください。
次回もお待ちしております。
次回のお知らせ

2021年6月6日(日)13:30(13:15 開場)~15:30
スペースえんがわinnにて
参加費:¥500-(高校生以下無料) ミニお土産(手作りグッズ。毎回変わります)・ミネラルウォーターペットボトル・キャンディー付
予約連絡先: 090-4075-4407(齊藤)

写真は、前回の朗読風景とお土産のウエルカムボード

ウエルカムボード2

朗読と本のサロン 3月のご案内

朗読と本のサロン   齊藤雅美

2月28日。第44回朗読と本のサロン終了しました。
1年2か月ぶりのサロン、コロナ前とは随分スタイルも変わり、ハーブティーとお菓子でのブレイクタイムもなく、お客様にも少しずつ絵本の一場面を読んでいただくこともなく、朗読を聴いていただくだけの会となりましたが、本好きのお客様はそれなりに楽しんでいただけたようです。

コロナ禍を押してご参加頂きました方々、ありがとうございました。
今後もコロナ状況を踏まえつつ、できることを地道にやっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、次回は3月21日(日)・・・すぐです・・・
第45回朗読と本のサロン開催します。どうぞご予約のうえ、ご参加ください。

今回のメニューをすこしばかり・・
堀辰雄「辛夷の花」・・・木曾の春先はまだ雪も舞います。山中、汽車の窓から白い花が見えたような・・朗読は齊藤雅美。

芥川龍之介「魔術」・・・魔術を習得するには欲を捨てなければなりませんよ。朗読はゲストの椿弥生さん。

あとの1作はお楽しみ。少年の心に泣かされます。朗読は齊藤雅美。


第44回朗読と本のサロン
2021年3月21日(日) スペースえんがわinnにて
13時30分(開場13時15分)~15時30分頃
参加費 ¥500-(高校生以下無料)
ミニ手作りお土産、ペットボトルのミネラルウォーター・キャンディー等 付
予約連絡先  090-4075-4407(齊藤)

 
井澤さんのしおり

 

器 朗読風景

(写真は、前回のミニお土産マグネット付き栞、2019年の朗読風景です)

2月28日 朗読と本のサロン 

第44回朗読と本のサロン
2021年2月28日(日)13時30分~15時頃
25日までに予約連絡願います(090-4075-4407齊藤)
手作りミニお土産付き
参加費¥500-(高校生以下無料)

朗読と本のサロンを主催している齊藤雅美です。
まだ緊急宣言発令中ではありますが、感染防止対策しつつサロンを再開します。

自粛生活もほぼ一年近くになろうとしています。
この生活によるストレスは自分でも気づかぬうちに私たちの心を蝕んでいるのでしょう。是非えんがわにいらして、朗読でも聴いて気分転換してください。

実は、前回が一昨年12月でした。それからずっとその次の回にゲストとして朗読してくださる方は一年以上練習を続けてスタンバイしてくださっています。その方は3月がご都合いいというので、登場は3月21日に予定させて頂いています。

その前に・・・
2月28日急ですが、齊藤1人で開かせていただくことにしました。
コロナ禍を経験した(まだ最中ではありますが)私たちだからこそ気持ちがわかって楽しめるほぼ100年前の作品、ショッピングにも行けないので〇〇〇〇のようなネットでの商品売買も流行っています。
ネット・オークションにはまった主婦の生活をワクワクドキドキで綴った作品、これからどうなるのでしょう・・・
先のことを考えると不安だらけです。
でも、生きていくというのは考えてばかりいても仕方ないことだってあるよねと力づけてくれる作品。3作品を朗読いたします。

平時では、お客様にも絵本の輪読をしていただいておりますが、コロナ禍では中止させて頂きます。
また、ハーブティーをお出ししておりましたが、こちらも中止とさせて頂きます。
お客様にはマスクの着用をお願いいたします。
当方もマスク着用、朗読時はパーテーションの設置をし、休憩時には換気もします。

初めての方も大歓迎です。どうぞお待ちしております。
25日までに予約連絡願います(090-4075-4407齊藤)

齊藤雅美

※写真は過去の風景です。

〈大切〉3月のイベントについてお知らせ

対話会『huset』からのお知らせ
次回3月8日(日)に予定していた対話会はお休みします。
次回は4月12日(日)14:00~16:00に開催予定です。
テーマは『愛着あるもの』を予定しています。
huset立ち上げ前に一度対話したテーマではありますが、再設定を望む声がありましたので再度テーマに据えます。
また皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

『彩り手芸クラブ』からのお知らせ
3月10日(火)のは、お休みする事にいたしました。
次回の開催は、状況を見て決めさせていただきますね。
一日も早く、日常が戻り、安心して暮らせる事を願っています。
どうぞお身体に気をつけてお過ごしください。

『本と朗読のサロン』からのお知らせ
3月15日開催予定の朗読と本のサロンは延期させて頂きます。次回開催日が決まりましたらお知らせいたします。
元気でお目にかかれるのを楽しみにしております。
主催 齊藤雅美

『読書会ふしぎら』からのお知らせ
3月は都合によりお休みします。
多分暖かくなり緑も目にまぶしい4月にぜひお会いしたいです。いらしたことがない方も、ずいぶんご無沙汰している方もぜひお越しください。
次回は、4/11(土)19時~22時を予定しております。
お問い合わせは
chidokusho11☆gmail.com
☆を@に変えてご連絡ください。

テラスの花桃が咲き始めました。

毎年放ったらかしでもこの時期に勝手に咲く元気な花です
風は冷たいですが、もうすぐ3月ですね。
穏やかで優しい春になりますように。

 

洟をたらした神

読書会ふしぎらです。
もう先月になりましたが、2/8土曜日第18回読書会を開催しました。
今回の掌編小説は、吉野せい『洟をたらした神』から表題作「洟をたらした神」
文庫自体は2012年初版なのですが、昭和5年夏の話、そして著者が70代になってから書いたという小説です。今とは全く違う時代の親と子、そして身体性を伴う文章に、評価どころか「全く入ってこない」という声まであり。しかし名作なのは間違いなく、小説が時代をどれくらい超えるのかということも考えた作品でした。

さて、3月は都合によりお休みします。
多分暖かくなり緑も目にまぶしい4月にぜひお会いしたいです。いらしたことがない方も、ずいぶんご無沙汰している方もぜひお越しください。
次回は、4/11(土)19時~22時を予定しております。
お問い合わせは
chidokusho11☆gmail.com
☆を@に変えてご連絡ください。

3月15日(日)朗読と本のサロン

『朗読と本のサロン』

手紙 朗読風景

あけましておめでとうございます。本年も約三ヶ月ごとに朗読会を開いております。どうそお気軽に聴きにいらしてください

次回のお知らせ
3月15日(日)
第44回 朗読と本のサロン  13時半より(13時15分開場)
参加費 ¥500-(高校生以下無料)
テーマ『文豪たちの不思議な話』
不思議な話は古今東西多々あれど、日本の文豪と呼ばれる作家たち限定の不思議でちょっと怖い(何が?-人間が・・)話をお届けいたします。えっ?この文豪がこんな話も書くの?とびっくりするかもしれません。      

お問い合わせ・予約 090-4075-4407齊藤まで。
(※予約なしでも結構ですが、できれば事前にお知らせいただけると幸いです)

 

「ひとつき十冊」です。

今年は、記念すべき第60回を開催することができました。参加してくださった皆さま、関係者の皆さまありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、今年のまとめとして1年間のパネリスト一覧を掲載します。司会は1年間を通して主催の古本屋ドジブックス佐藤晋。

第49回1/26(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
第50回2/23(土)ライター/南陀楼綾繁、ライター/中山涙
第51回3/23(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
第52回4/27(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
第53回5/24(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
イラストレーター/トリバタケハルノブ
第54回6/22(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
第55回7/27(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
イラストレーター/トリバタケハルノブ
第56回8/24(土)ライター/中山涙
イラストレーター/トリバタケハルノブ
第57回9/22(日)ライター/中山涙
経営コンサルタント/村田席亭
第58回10/25(金)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
第59回11/23(土)ライター/中山涙、人形作家/Mekkedori
第60回12/20(金)ライター/中山涙
イラストレーター/トリバタケハルノブ

さて、来年は
1/25(土)のスタートとなります。
19時~21時半
参加費:500円 予約不要、当日参加できます。
パネリストはライター/中山涙と初登場39歳にして医学部1回生の相沢直。医学部に通いながらひとつき十冊読みます。

申し込み不要ですがお問い合わせは
ドジブックス佐藤のTwitter
https://twitter.com/roug02
もしくは
chidokusho11☆gmail.com
☆を@に変えてご連絡ください

今年もお世話になりました、良いお年を!

読書会のお誘い

「読書会ふしぎら」です。
2018年8月にスタートして2回目のお正月を迎えます。今年もお世話になりました、参加してみたいけどまだしていない皆さま、来年こそはお会いできるのを楽しみにしています。

今年読んできたラインナップです。
1/19(土)「隠し芸の男」城山三郎
2/16(土)「ポスター」イルゼ・ハイヒンガー
3/16(土)「雪男に妻をさらわれた」ロン・カールソン
4/20(土)「哀しみのウエィトトレーニー」
5/11(土)「馬を盗みに」ペール・ペッテソン
6/15(土)「ジョーベット」松下竜一
7/20(土)「オルラモンド」ル・クレジオ
8/17(土)「鳥肌が」穂村弘
9/14(土)「あなたの最も好きな場所」福永武彦
10/12(土) 台風のため中止
11/9(土)「ニョロニョロのひみつ」トーベ・ヤンソン
12/14(土)「河鹿」三浦哲郎

さて、2020年第1回目は、1/11(土)19時~22時
来年から、夕食付をやめ参加費も500円にして当日参加ができるようになりました。お茶とお菓子は用意します。
お申し込みは
chidokusho11☆gmail.com
☆を@に変えてお送りください。